クーラー

30年くらい前の物でしょうか??日立の「白くま」君です。今でも稼動してます。

エアコンIMG0001

来月やっと買い替えてもらえる事になりました。新しく取り付けるエアコンは最新型の「白くま」君です。
エアコンの取り付け工事自体は標準工事で済みそうですが、取り外した後の処理に手こずりそうです。

スポンサーサイト

鯖の水煮缶

鯖の水煮缶と玉葱のみじん切りを使ったペーストは以前も作ってパンに載せて食べたりしてましたが
みそ汁の具にすると美味しいと何処かのブログに記事があったようなので作ってみました。

さば水煮IMG0001

鯖に味付けされて無いので、ちょっとしたアラ汁みたいに変身して美味しいみそ汁になりました。
野菜は有り合わせで、今回は玉葱とモヤシを入れてみました。

ツナ缶の替わりに炊き込みごはんに入れても良いかも知れませんね。

当たり付き

竹下製菓といえば「ブラックモンブラン」が有名ですが、ドラッグストアでこんな物
見つけました。1本39円です。

竹下製菓IMG0001

他にも
竹下製菓IMG0002

裏側には竹下製菓と書かれてました。

竹下製菓IMG0003

ポンプ交換

19日の昼飯を食べ過ぎてお店で休憩していると携帯にTELが入りました。
お得意様の魚小屋のエアーポンプが動作しなくなったとの事です。お魚の生け簀にエアーの供給が
無いと一大事なので、駆けつけました。

ポンプIMG0001

板前さんが、調理場横に有る小さな生け簀用のポンプと取り替えても動作しない様子です。
コンセントを調べてみると電圧が有りません。古い魚小屋なので、配線図も無くて調べるのに
時間が掛かるので、太鼓リールで別な箇所から応急的に100V供給してポンプを生かしました。

改めて電源回路を辿って行くと一番奥の配電盤のブレーカーが落ちてました。ブレーカーを入れなおすと照明を含めてすべてOKになりました。何故か此処から入り口附近に引き戻されて配線されてました。
ポンプを見ると相当古くなっていたので、念のため新品と交換する事に
ポンプIMG0002
屋内で使用されているので、ゴム管は劣化していないので、そのまま使用します。新しいのは調理場と同じ
機種にしました。

ポンプIMG0003

組み付けて付属のバンドわしてみると若干エアー漏れが有る様子です。
ポンプIMG0004

ポンプが新品になりエアーの量も増えているので、念のためバンドを交換してきっちり締め上げました。
ポンプIMG0005

生け簀にエアーが出ているのを確認して作業終了です。後は夏場の冷凍機が順調に動いてくれるのを
期待してます。
冷凍機が死んだら水温が上がって魚が全滅してしまいます。節電の夏ですけど、どうなりますかね
心配です。

台湾料理四季香

ブロ友の「B-ダディ」さんの記事で気になっていた「台湾料理四季香」さんへ行って来ました。

四季華01IMG0001
四季華01IMG0003
四季華01IMG0002
味仙がお休みになった後に出来た本格台湾中華料理のお店です。場所はキリン麦酒の甘木工場を少し過ぎた所です。
以前はコンビにでした。

中に入るとカウンターにテーブル席が3つくらい?と小上がりが5つくらいの広めの店内でした。

四季華02IMG0001

私はEの酢豚ランチを普通に注文、すると相棒は100円追加でラーメンに変更出来るので、Aの油淋鶏ランチと
豚骨ラーメンを頼んでました。
四季華02IMG0006

私にもしきりにラーメンを勧めますが、事前に「B-ダディ」さんの記事で酢豚の量が多いのを知っていたので
回避しました(笑)

暫く料理を待っていると次から次にお客さんが入って来ます。600円の定食は魅力みたいです。

酢豚ランチがやって来ました。
四季華02IMG0002
メニューの画像よりは倍くらいの量の酢豚が山盛りです。初めてメニューより多い酢豚見ました(笑)
普通のお店は野菜の方が多くて酢豚が少なくて物足りないけど、此処のはハンパ無いですね。
これで、ご飯が大盛りだったら食べきれて無かったと思います。

直ぐに相棒の油淋鶏ランチ、豚骨ラーメンセットもやって来ました。

四季華02IMG0003
ラーメンはちゃんとふつうの一杯分麺もスープも入ってました。さすがに大食いの相棒も目を丸くしてました。
ラーメンを食べた時点で若干戦意消失してましたよ(笑)
その後も二人とも黙々と食べ進めて何とか完食しました。

四季華02IMG0007

食べ終わった頃入り口横のテーブル席に座られた4人連れのお客様の一人がニラレバランチとラーメンのセットを他の方達も普通にランチを頼まれたらしくて、出て来たニラレバの量が、山盛りなのに驚いて箸を付ける前に食べ切れないので、ホールの女性スタッフに持ち帰りの容器をと言われてましたが、持ち帰りはやってないとすげなく断られて、ご飯要らないと言われているのを横目で見ながらお店を後にしました。

もう一組、自分たちの置くの小上がりテーブルに若い親子の3人連れがやって来てましたが、この方たちも
普通にランチを2人前頼んでも子どものためにラーメンセットにしたかも???
食べきれたか心配してました。

いろいろとセットメニューも有るので夜家族で食べに来てみたいと思ってます。

四季華02IMG0004
四季華02IMG0005


ホールの女性スタッフも台湾系の方みたいなので、うまく伝わってないのかも知れませんが
うちは量が多めですよと一言付け加えてくれればと思った次第です。
しかし、本場の中華料理は残すのがマナーらいしので、残すのも有りかもね。

一年ぶりに「山ろく」へ

黄金週間最終日の1日目前のこどもの日、今年は娘も同伴で相棒も誘って「山ろく」へ行って来ました。
開店は11時なので、開店前の到着を目指して自宅を9時過ぎに出て相棒を鳥栖の僻地(笑)でヒ「ックアップして
ひたすら国道3号下道で、スムーズに流れていたのに西鉄久留米駅附近で渋滞全然動く気配が有りません。

仕方ないので左にハンドルを切って青果市場の横から南久留米駅までワープして3号に戻り渋滞を避ける
事が出来ました。下りの車両が一台も来ないので通行止めになるくらいの事故??だったのかもしれません。

その後は順調に「道の駅立花」の混雑を横目に目的地までスムーズに行く事が出来て無事「山ろく」到着しました。10時40分に到着しましたが、駐車場には車が5~6台止まっていました。先に同乗者を降ろして日陰に
駐車、玄関前の丸太椅子に座って開店を待ちます。

山ろくIMG0001

お客さんが多い為か5分前に開店しました。順番に入って行きます。本日は50羽だそうです。

山ろくIMG0002

毎回注文するものは決まっているので、メニュー撮るのを忘れてました。

まず、地鶏のタレ焼き2人前です。普通の醤油だれだけど地鶏本来の味が有るので大変美味です。
レアでも、食べられますと店員さんが、あちこちに声かけてますけど、私のテーブルの方たちは
しっかり焼くのが好きな様子です。
焼きすぎると身が固くなるので、私はレアで頂きました。

山ろくIMG0003
炭が入ったばかりなので、火力が弱くて暫くお預けです。その合間にレバ刺しとささみ刺しを

山ろくIMG0006

レバ刺し全く臭みも無くて新鮮です。ゴマ油で頂きました。続いてささみ刺しです。

山ろくIMG0007
綺麗なささみでこちらも新鮮そのものでした、殆ど娘が食べてました。

こちらは塩焼き2人前です。軽く塩コショウがかけて有り、焼いてみると薄い味付けで、素材の旨みが良く分かりますよ。柚子コショウを付けて頂きました。

山ろくIMG0004

地鳥ご飯大盛りも2杯頼みました。

山ろくIMG0005
娘に少し食べられた後でしたね(笑)こちらは味付けのしっかり付いた物でした。

アルコールは生ビール3杯と杜の蔵の冷酒を頂きました。もちろんお連れ様にハンドルキーパーお願いしてます。
山ろくIMG0008

食事の後は温泉に昨年も訪れた「平山温泉」それも元湯に行きました。

平湯温泉IMG0001

家族風呂という贅沢コースも有りますが、お湯が良ければそこそこの処で良いのでいつも此処にしてます。

平湯温泉IMG0003
平湯温泉IMG0002

シャンプウも石鹸も洗い場に置いて無いけど、そんなに込み合う事無く建物も綺麗ですよ。

平湯温泉IMG0004

左手の休憩所を利用しても500円です。風呂上り玄関外のベンチで涼んでいると相棒が気を利かせて
冷たい物を近所の酒屋から調達してきました。

平湯温泉IMG0005

此処で、女性軍を待っていると地元ティーぽいおっちゃんがやって来たので世間話をしてみると、昔は此処のお湯を「加藤清正」が利用してたとか、ここいら附近にしか温泉が無かったとか、新しい所より此処の温泉の質が良いとか、いいろいろ教えて頂きました。
真上を見るとツバメの番が、新居作成中でした。

平湯温泉IMG0006

この後、昨年同様黒木の大藤を見に行く予定でしたが、私の指示で道を間違え遠回りして「鯛生金山」経由になり
お連れ様はご立腹でした。
なんとか黒木町まで下って来たけど、大藤は終わってました。
平湯温泉IMG0007

この後自宅まで無事に届けて貰えないと悲惨なので、八女市内で31のアイスクリームを食べて頂きクールダウン(笑)冷静なハンドル捌きで無事自宅に帰って来ました。
プロフィール

Author:まこちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR